掻かなければアトピーは直るのか

アトピーは、湿疹ができるため、アトピー皮膚となります。掻かなければ発赤が悪化することはないのではないかと練り上げる第三者もいますが、全てのアトピーが掻かなければ直るわけではありません。
発赤がつぶれてしまうと、掻かなくてもグジュグジュとしてしまい、発赤が広がればそれだけアトピー皮膚は悪化したように感じる事でしょう。掻いてしまうって周りの素肌に傷をつけてしまいますから、更に酷くなってしまうが、掻かなくても快復はできず、放置しているからと言って、アトピーの発赤が収まるわけではないのです。
確かに掻かなければ、様相が悪化したように当てはまるのを防ぐことはできますが、薬を使わなければ、発赤が行き渡るだけとなりますから、アトピーができてしまった場合には、掻かずに薬をつけることが最短癒えるテクとなります。アトピーは第三者に入れ替わるわけではありませんから、発赤がつぶれ、体液が出たとしても、その体液が周りに付着するため、流れるわけではありません。ですから、アトピーを掻くため、発赤がつぶれてしまい、そのせいでアトピーが悪化するのではなく、周りの素肌を掻き毟ってしまうため、皮膚の障壁を壊してしまい、その部分の素肌のアトピーが広がってしまったように思えてしまう結果、掻かなければアトピーは直ると勘違いして掛かる人も多いのです。
規則正しい診察により、アトピーを切り落とし、少しもかゆみを燃やすようにするため、アトピーの周りの皮膚まで傷をつけてしまわずに済むのです。